国仲涼子のプロフィールの中で、代表的な作品はNHKの連続テレビ小説「ちゅらさん」です。「ちゅらさん」のヒロインとして広く知られるようになりました。その他にもテレビドラマや映画、cmなど多数の作品に出演しています。

国仲涼子はウォータースタンドのcmで小悪魔的な妻を披露

カチンコ

国仲涼子は沖縄県出身の女優で、様々なテレビドラマや映画、cmなどで活躍しています。そのプロフィールを見てみると、芸能界にデビューしたのは1998年です。翌年にはTBS系列で放送されたテレビドラマ「L×I×V×E」で女優としてデビューしています。

国仲涼子のプロフィールで、代表作といえる作品を挙げればNHK連続小説「ちゅらさん」でしょう。「ちゅらさん」は沖縄を舞台とした作品で、家族の絆や成長、恋愛模様など様々な要素が盛り込まれたヒューマンドラマです。「ちゅらさん」が放送されるとたちまち人気を博し、高視聴率を記録しました。大ヒットドラマとなり、視聴者の声に押される形で続編も制作されています。

国仲涼子は「ちゅらさん」のヒロインオーディションに応募し、多数の応募者の中から見事にヒロインの恵里役を射止めました。その演技は高く評価され、ゴールデン・アロー賞の放送新人賞やエラン・ドール賞の新人賞を獲得しています。また、2003年に放送された続編では、「琉球ムーン」というテーマソングを歌い歌手デビューも果たしました。

2001年にはNHKの時代劇「五瓣の椿」に出演し、ブルガリア・ゴールデンチェスト国際テレビ祭で最優秀女優賞を受賞しています。この作品は山本周五郎の時代小説をテレビドラマ化した作品で、国仲涼子のプロフィールの中では初の時代劇作品でした。

国仲涼子はその後も数々のテレビドラマ作品に出演しています。2003年には梶田征則監督の映画「ミラーを拭く男」で映画デビューしました。2005年には関西テレビ系列のテレビドラマ「みんな昔は子供だった」に主演しています。それからテレビドラマや映画だけではなく、ドキュメンタリー番組やバラエティ番組、ラジオ番組、舞台などに出演したこともあります。

また、国仲涼子はcmにも色々出演しています。出演したcmの企業には、化粧品会社や食品会社、保険会社などがあります。

国仲涼子の夫は俳優の向井理

手を繋ぐ男女

国仲涼子のプロフィールで転機となった出来事には、俳優の向井理との結婚が挙げられます。向井理との出会いは、2012年に関西系列で放送されたテレビドラマ「ハングリー!」で共演したことです。このドラマ共演をきっかけに交際がスタートしました。2014年には交際していることがスポーツ誌によって報道されています。その年に婚姻届けを提出して結婚し、夫婦になりました。

2015年には第一子となる男児が二人の間には誕生しています。国仲涼子は出産後、しばらく産休を取っていました。その後、2016年にTBS系列で放送されているテレビドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」に出演して復帰を果たしています。その後もNHKのEテレで放送された昔話法廷「舌切りすずめ裁判」などにも検察官役で出演したり、民放のテレビドラマにゲスト出演したりしています。

そして、2017年には第二子を妊娠したことが発表されました。最近では妊娠や出産などもあったため、仕事はセーブしているようです。長期の撮影が必要になる連続ドラマや映画作品などには出演していません。そのためドラマで見かける機会はあまり多くはありませんが、cmで見かけたという人も多いのではないでしょうか。

国仲涼子は、ウォータースタンドのcmに出演しています。このcmでは優しい奥さん役で登場していますが、夫のいないところではウォータースタンドを活用して贅沢をしているというコミカルなストーリーになっています。前半は夫のためにてきぱきと尽くす妻を演じ、後半は夫がいない家で高級食材を使った料理を楽しむなどです。このcmの小悪魔的な奥さんを可愛らしく演じており、とても印象に残る演技が魅力です。

Coolqoo

PAGE TOP